当サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれます

【ハミックポケットの口コミ】実際に使ってみた!メリットとデメリットを紹介

ハミックポケットレビューおすすめキッズスマホ

ハミックポケットって、評判はどうなの?気になっている方も、多いのでは?

実際に「ハミックポケット」で検索してみても、昨年のレビュー記事が多く、現在の評判がわかりません。

誰か、誰か、最新の評判をレポしてくれ…!

…そんな方のために、ハミックポケット、こっきーブログが使ってみました。

本音でレビューしていますので、参考になれば嬉しいです。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

ハミックポケットの口コミ  結論

まず、結論から言うと、基本機能に大きな問題なく使えました!

通話とメッセージに、問題なし。
通話品質:クリアで、はっきりと子どもの声が聞こえる。
メッセージ:ハミックアプリを使用、遅れなく送受信が可能。
2つのGPSと防犯ブザーで、防犯機能が2重3重に手厚い。

多少のGPSのずれと表示遅れが1度ありましたが、その他は全て問題なく動きました。

検索ワードにあるような「通話できない」などの問題はありませんでした。

充電も、1日に1回で済んでいるので、不便を感じませんでした。

ただ、ハミックポケットをどう使いたいか充電回数は変わってくるかもしれません。

下記の詳細レビューにて、我が家の使用目的と基本設定を記載します。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

ハミックポケットの使用結果 詳細レビュー

それでは、具体的な使用結果のレビューです。

ます、我が家での使用目的と基本設定です。

ハミックポケット使用目的

習い事がおわる時間が遅い(20時~21時)ため、行き帰りの連絡・居場所の把握

つまり、習い事にいくとき以外は、ずっと親の手元にあります。

子どもに手渡す前に、Googleファミリーリンクを使って各種の制限をかけています。

端末の基本設定

①端末の利用時間:上限2時間に設定
②利用可能な時間帯:AM7:00~PM9:00まで(帰宅ギリギリです笑)
③アプリの制限:YouTube、Googlechromeは30分のみしか使えません
④コンテンツ制限:Googleplayストアは全て承認が必要、アプリも3歳以上、書籍も制限ON
 Google検索にはセーフサーチをかけています

かなり厳しい制限をかけました。

ですので、ほとんど充電の必要がないせいも、あるかもしれません。

逆に言えば、とても安全に、健全に使えるスマホだということです。

親しだいで、どうとでもなる。

以上を理解のうえで、レビューを読んでいただけたらと思います。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

ハミックポケットの外観とサイズ感

ハミックポケットは、小型です。昔のガラケーのような大きさ。

ちょうど、低学年の子どもが手にとって、しっくりくる大きさです。

公式の計測値は、たて10.65×よこ5.76×厚み2.42cm(専用ケース装着時)

コロンとした可愛い形をしています。

実はハミックポケットは、ifaceで有名な、Hamee株式会社が2021年に発売したものです。

iface画像
iface公式ホームページより

ハミックポケットも、独特のカーブを描くかたちが、おしゃれなデザインです。

実際、娘が友人の前でちらっと出してしまったとき、

「なにそれっ!!」と素早い反応があったそうな…。

あまり見かけないデザインなので、目に付きやすかったのでしょう。

正直、大手キャリアのキッズケータイは、友人同士で被りがちですよね…。

ボディカラーまで同じだと、お友達のものと間違えてしまいそうです。

年長から低学年の手の大きさに合うサイズ感

実際に手に持ってみた様子です。

自身のお子様が持ってみた状態をイメージするための参考に。

手に取った大きさ

大人が持つと、すっぽり手におさまってしまう大きさ。

160cmある小6の息子も、小さいと感じる大きさ。片手で操作できます。

小柄な小4の娘は、片手では操作しきれないので、もう片方の手を使っています。

大きさからも、ハミックポケットが年長~低学年のお子さんにぴったりかと思われます。

画面サイズ

画面サイズは、3.0インチ、約6cm×4cmです。

キッズケータイが3.4インチなので、それほど変わらない大きさです。

大人にとっては、文字を打つのが難しいです。

我が家は、wifiのパスワードを設定してあげるのに、何度も打ち間違ってしまい、時間がかかりました。

スマホとしては小さいですが、メインユーザーは年長~小学校低学年なので、このサイズで問題ないと思います。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

通話してみました

①通話方法、②着信通知、③通話品質についてレビューします。

通話方法

ハミックポケットには、電話番号がありません。

LINEや楽天リンクなどと同じ、通話アプリを使用します。

通話アプリがハミックアプリです。

くまのアイコンをタップして起動します。

ハミックアプリ

通話したい相手を選択して、画面左上の通話マークを押すと、「つうわする」「キャンセル」というサブ画面が出ます。

通話画面

「つうわする」を選択すると、かかります。

呼び出し中は、「〇〇をよんでいます」とひらがなで画面表示されます。

メインユーザーである子どもがわかりやすい言葉での説明と、操作です。

ハミックアプリのアイコンが、イメージキャラクターのくまの絵なのも、子どもにはわかりやすいですね。

着信通知

ハミックアプリから電話があった場合、「よびだし」という着信通知が残ります。

これは、電話に出ても出れなくても、着信時間表示とセットで通知される仕組みです。

「よびだし」通知があることで、画面上でメッセージと区別しやすくなっています。

LINEもそうですが、同じ画面上でメッセージと着信マークが混在するので、「よびだし」という4文字が目に入れば、電話だと気づきやすいですね。

ハミックアプリ「よびだし」通知画面

メッセージのやりとり

通話と同じように、ハミックアプリを使用します。

画面下部に「メッセージをおくる」という文字が常に表示されているので、ここをタップ。

メッセージを送る

すると、文字入力画面が現れます。

写真を送ることもできるし、カメラマークを押してリアルタイムで撮った写真を送ることもできます。

使い方はLINEとほぼ同じです。

ハミックポケットとLINEについては、こちらの記事で詳細を書いています。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

GPSの精度

1週間のうち、習い事3回に持たせた結果です。

おおむね正確に動いており、1度だけ、更新と通知が途中から止まりました。

通話とメッセージに問題はなかったので、更新が途切れてからはメッセージで安全を確認できました。

GPS稼働状況

①18時~21時に使用したとき
  18時~19時 20時~(途中で位置情報の更新が止まる)
②17時半~20時に使用したとき (位置情報の更新、通知ともに◎)
③17時半~20時に使用したとき (位置情報の更新、通知ともに◎)  

ハミックポケットには、2種類のGPSが付いていて、どちらも無料なのが嬉しいところです。

①ハミックに付帯している見守りアプリ「otta」
②Googleファミリーリンクに付帯しているGPS機能

どちらもアプリ画面上で子どもの居場所を確認できます。

片方がおかしくなっても、もう片方で再確認できるのが良かったです。

無料見守りアプリ otta

こちらがottaの位置情報画面です。「○○のPOCKET」と現在の位置情報が表示されます。

ottaのGPS画面
見守りサービスotta公式ホームページより抜粋して掲載しています

基本的にアプリをインストールするだけなので、全く面倒ではありません。

もし面倒があるとすれば、「通知スポット」の登録でしょうか。

【通知スポット】とは
子どもの移動範囲(ルート)に、任意で登録できる「通過地点のお知らせ」のことです。
通知スポットを通過すると、親のスマホに「○○のPOCKETが○○付近にいました」と通知されます。

我が家では、

・習い事の場所
・送迎バスのバス停
・その他目印となる場所(コンビニや公園、マンション前、交差点)

など、17か所に登録してみました。

Googleファミリーリンク

もうひとつが、Googleファミリーリンクのひとつの機能である、GPSです。

おなじみのGoogleマップが現れ、マップ上に「○○」とハミックポケットに登録している子どもの名前が表示される仕組みです。

画面下部には、

「ハイライト」:子どもの端末の使用状況がひとめでわかる(この場合はハミックポケット)
「管理」:親の管理画面に飛べる

の2つがあり、位置情報画面と表示を切り替えられるようになっています。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

充電のもちはどうか

結論でも述べましたが、充電の減りに問題はありません。(我が家では)

1日1回の充電で、十分使えています。

電池状況のお知らせ

さらに充電が減ってくると、なんと親のスマホに通知がきます。

バッテリー残量通知

充電が切れてしまえば、見守り機能もなくなってしまうので、警告の意味で通知されるようです。

そもそも充電の減りに関しては、各家庭によって使い方は異なるので、検索ワードにあるような、充電のもちが悪い~、とは一概にはいえないと思います。

アプリやゲームをして遊んだり、YouTubeを見る時間が長ければ、当然、複数回の充電が必要になりますので…。

そこは親しだいで、いくらでもコントロールが効くのでは?と使ってみての感想です。

【改良】バッテリー容量が倍に!

現在発売中のハミックポケットLは、従来品から、バッテリー容量が倍になったものです(我が家が使っているのもこちらです)。

発売当初の、充電のもちが悪いというユーザーの声を受けて改良されました。

習い事の回数や時間が長い、学校への持ち込み許可を得ている、など、持ち歩きの時間が長いお子さんにも、安心ですね。

防犯ブザー使用方法

防犯ブザーが付いているスマホは、ハミックポケットだけです。

(キッズケータイには付いていますね)

スマホでありながら、防犯ブザーと2台持ちをしなくてよいのが、助かる点ですね。

本体下部についている黒い紐を引っ張ると作動します。

試しに作動させてみました。今回も、なんと親のスマホに通知が、ダブルで届きました。

ハミックアプリのメッセージと、Eメールです。それぞれ位置情報の確認に飛べるようリンクが付いています。

防犯ブザー作動通知

通知に気づいたらすぐに確認できるのは嬉しいですよね。

ハミックポケットの契約 親のキャリアは関係ある?

使用感が良いのはわかった。でも、我が家の使用状況とマッチするだろうか?親のキャリアは関係あるのか?

気になりますよね。結論は、

ハミックポケットは親のキャリア関係なく契約できます!

親が格安SIMの場合、キッズケータイの契約にはデメリットが

最近は、多くの方が格安SIMを使っています。

あまり知られていませんが、親が格安SIMの場合、キャリアのキッズケータイを契約すると、不都合な点があるんです。

親が格安SIMの場合のデメリット 
  1. 通話料:無料通話が適用されない
    30秒あたり、22円かかる計算に
  2. 見守りができない:GPSの契約不可
通話料はかかるし見守りがない…

親が同じキャリアであれば、家族間ではファミリー割引が適用されますので、通話料はかかりません。

でも、親が格安SIMの場合は無料通話がないので、家族間でも通話料が発生してしまいます。

GPSについても同様。GPSは親と同じキャリアであっても、オプションサービスなんです。

さらに、同じキャリアでないと、サービスの契約すらできません。

つまり、親が格安SIMの場合はGPSは契約できない=見守り機能がない

ちなみに、大手3大キャリアのオプションサービス価格は、

オプションサービス価格
  • docomo:イマドコサーチ 月額220円(検索料5.5円/回)
  • au:安心ナビ 月額330円
  • ソフトバンク:位置ナビ 月額220円

そうなると…、結局、月額1000円弱、SMSサービスも契約すると2000円近くかかっている方も。

キッズケータイといえば!大手キャリアを考えてしまいますが、親が格安SIMの場合は検討が必要ですね

ハミックポケットの月額料金

ハミックポケットの月額料金は、いたってシンプルです。

ハミックポケットの月額料金

月額1,100円(税込み)
見守りサービスotta、データ1GBが付いています(Googleファミリーリンクは無料)

3大キャリアのキッズケータイ月額料金と比較してみると、

月額料金GPSサービス
ハミックポケット1,100円(税込み)otta(月額に含む)
docomo550円(税込み)イマドコサーチ:220円
au月額737円(paypayカード支払いで550円)安心ナビ:330円
ソフトバンク539円(税込み)位置ナビ:220円

キッズケータイにオプション契約した場合と、それほど変わらないですね

ハミックポケット、どこで買える?

ハミックポケットに店舗はありません。

公式ホームページと、楽天市場の公式ショップがありますので、まず、いずれかから端末を購入します。

【公式ホームページ】ハミックポケットL 

ハミックポケットの月額料金の支払い・端末代のは、クレジットカード(デビットカード・プリペイドカードは不可)のみとなります。

購入後のステップも、スマホひとつで済みます。複雑な料金プランはありません。

購入後に必要な手続きは、以下の3点です。

①ハミックアカウント・Googleアカウント(ない場合は作る必要があります)の作成
②契約者情報の入力
③支払い情報の入力

アカウントの作成が、少し時間かかりました!難しくはないのですが、ハミックポケットで操作をするのが、画面が小さいので大変でした

ハミックポケットのメリットデメリット

以上の点をふまえ、

ハミックポケットを使用することによって得られるメリット、投資に値する価値は?

ハミックポケットのメリット

①親のキャリアに関係なく、サクッと購入&契約できる!
➡複雑なプランの検討や、付帯オプションも検討しなくてよい。
解約費用も一切発生しないので、解約したくなったら、いつでも可能。

②スマホでありながら、無料のGPSと防犯ブザーがついていて、一石二鳥!
➡防犯ブザーとの2台持ちを防げる。

③キッズケータイにはない、「安心の」インターネット接続機能!
➡低学年にはキッズケータイが主流でしたが、魅力が少ないのが欠点。
ハミックポケットなら、親のコントロールのもとで安全にインターネットやアプリを楽しめる。
子どもが持ち歩きたくなる魅力があるので、持ち歩き忘れを防げる。

・親のキャリアが格安SIMのためにキッズケータイが契約できない
・お子さんがキッズケータイを持ち歩き忘れる、充電を忘れてしまう

などのお悩みがあるご家庭は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

実際に使ってみて、使いにくいと感じた点は、

ハミックポケットの使いにくい点

①画面が小さい
➡画面が小さい分、文字入力画面も小さいです。
 年長~低学年だと、大人ほど気にはならないと思いますが、長文を打つ場合は、入力ミスが増えるかもしれません。

②電話番号がないので、固定電話や110番にかけられない
➡メリットでもあり、デメリットにもなりうる点です。
ですが、そのための防犯ブザーやGPSの、2重3重の防犯機能だと思います。
たくさんの通知が親のスマホに来るので、異変には気づきやすいです。

これからキッズケータイやキッズスマホの購入を検討しているご家庭は、検討の材料にしてみてくださいね。

ハミックポケットLが価格改定、12100円(税込み)での販売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました